読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

50mm単焦点レンズ(SAL50F14Z)レビュー(1)

カメラ・レンズ・ガジェット 写真・作品

ソニー製Aマウントレンズ(50mm単焦点)である SAL50F14Z のレビューを書いてみようと思います。

購入時のエントリーはこちら。

ちなみに、カメラはエントリーモデルのα57を使用。
(早く、フルサイズの新しいモデルが出て欲しい・・・)

花撮り

この季節ならではの花と言えば紫陽花。
ハートの形をした紫陽花を発見♡

f:id:mana-cat:20150620223057j:plain

下の青い紫陽花は、レンズを買った翌日に撮影したもの。

f:id:mana-cat:20150523001130j:plain

屋外撮影の注意点

ちなみに、屋外で撮影するときは、UVカットフィルターを使っています。

レンズの特性上、日射しが強いとパープルフリンジが出てしまうからです。

f:id:mana-cat:20150620225440j:plain

上の写真ではUVカットフィルター無しで撮影していますが、右上にパープルフリンジが発生・・・。

f:id:mana-cat:20150620225639j:plain

上の写真でも、紅葉の部分にパープルフリンジが発生しています。
屋外撮影時はUVカットフィルターはあった方が良いと思います。

ごはん撮り

次に、屋内での美味しいご飯撮り。

お肉のような暖色系も美しく撮影できる。
マクロレンズじゃないからそこまで寄れないけれど、十分に綺麗に撮れますね。

f:id:mana-cat:20150620220557j:plain

上の写真をトリミングしたもの。

f:id:mana-cat:20150620221607j:plain

アップすると、肉肉しさがじゅわーっと出ていて美味しそう。

次に、果物を撮影。

f:id:mana-cat:20150620220604j:plain

同様にトリミングをしてみたのが下の写真。

f:id:mana-cat:20150620221819j:plain

果物全体がとてもみずみずしくて、コントラストも高く撮れています。

カフェめし撮りは、50mmだと扱いにくい場合も

f:id:mana-cat:20150620224131j:plain

このレンズはあまり近寄れないので、カメラ本体がAPS-Cの場合は狭いお店のカフェめし撮りはちょっと厳しいかなと思います。
席を立って撮るか、ギリギリまで引いて撮るしかないかもしれないけど、そうすると迷惑になるのでやりません(^_^;
その場合、50mmじゃなくて35mmレンズがいいかな。

f:id:mana-cat:20150619142947j:plain

参考として、α57に35mm単焦点レンズ(SAL35F14G)を付けて撮影したときの写真。
APS-Cの場合、カフェで自然と撮れる画角は35mmの方が使いやすいと思います。

今回のレビューはここまで。
続きはまたの機会に書きます!

 

SONY Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM SAL50F14Z

SONY Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM SAL50F14Z

 

© Manami Taira