Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

どんぐり・まつぼっくりで疲弊しないための方法

小学校の持ち物について

子どもの小学校の授業で持ち物が必要で、三連休が明けたらどんぐり・まつぼっくり・牛乳パックが必要で、本当に絶望していました。

都内に住んでいると、近場で見付けることが難しい。どんぐり・まつぼっくり拾いがこんなに難易度が高いなんて知りませんでした。また、時季的に1ヶ月遅いので発見できるかも微妙でした・・・。

購入手段としてメルカリやAmazonっていう方法もあるんですが、タイミング的に到着が間に合わない。もう少し前もって分かっていれば、メルカリを使ったのに!

どんぐり・まつぼっくりを発見した場所

入場料を支払い、小石川植物園まで行ってきました。念のため受付の人に事情をお伝えして入場。

地図を見ながら・・・歩くこと20分。

どちらも見付かりました!が、どんぐりは10個しか拾えずに、残り5個を翌日・東京大学本郷キャンパスで探しましたが2秒で見付けました。

東大正門前の銀杏並木の付近にどんぐりを発見できて、安堵しました。銀杏並木で偶然どんぐりアートを見付けてホッコリしました。

牛乳パックも、家族全員で力を合わせて、三連休でいつもの2倍を飲んで空にしました。ちなみに牛乳をいつも以上に飲んでしまって、お腹を壊しました。ついてないなぁ・・・

どんぐりでこんなに感動するとは・・・

実家に住んでいた頃は、自然がいっぱいで何も困らなかったのに、都会で困難と感じたのが「どんぐり」だとは・・・。どんぐりを見付けたとき、子どもと手を取り合って「よかったね!どんぐりが見付かったね!」と歓喜しました。

あらかじめストックしておくこと

言えることとしては、急な連絡でも対応できるように、どんぐりは季節になったら予め用意しておくことが大事だと思いました・・・。まつぼっくりはクリスマスリース用に百円均一で販売されて流通しているので、次回からは購入する予定です。

どんぐりって、害虫がいるイメージですが、以前 全く別件で保育園の先生に相談したら、袋に入れて冷凍庫に一晩入れておけば大丈夫との事でした。一気に茹でる方法もあるようですが、乾燥させるのも大変なので・・・。

【まとめ】どんぐりを見付けたら拾っておく。

© Manami Taira