Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

SONY α7III (ILCE-7M3) 購入レビュー

α7IIからα7IIIへ

α7IIからα7III(ILCE-7M3)に買い替えました。α7III を使ってみて、まだ2500枚程度しか撮っていませんが、このカメラは大きな進化を遂げたと思います。とにかく、できることが増えた。写真撮影の幅が広がった。そんな気がします。

α7IIIの詳細に関しては、くんこくさんのレビューがとても参考になるので覗いてみてください。

kunkoku.com

決め手はシャッタースピード

理由は、子どもが成長するにつれ、年々素早くなってくるから。それなりの連写機能が必要ですね。赤ちゃんのときは撮りやすかったのに、年々すばしっこくなってきます。これは、想定外でした。連写機能に満足いかなかったら、シャッターチャンスを逃すことに繋がります。

α7IIIは、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載、最高約10コマ/秒高速連写、高速・高精度なAFを実現したフルサイズミラーレスです。大切なことなので二度言いますが、素早い子どもの撮影に最適です。SDカードスロットは2スロットあり、スロット1についてはUHS-IIの規格に対応。写真データの高速転送を実現しています。

とはいっても、子どもの写真はブログに載せることができないので、人物以外の掲載になりますがご了承ください。

AFタッチパネルに対応

まさかのα7IIIにタッチパネル搭載。タッチパネルでAFを素早く指定できて、これはかなり便利です。ピントが合わないからと、わざわざMFに切り替える手間が無くなりました。

描写力も向上

レンズの性能も関係していると思いますが、カメラ本体の性能向上が大きいですね。AF速度、追随性能もα7 II比で約2倍ほど向上し、手ぶれ補正と追随性能による被写体ブレ防止がより強力になったように感じます。

DSC01982

強風で花が被写体ブレを起こしそうでもピタッと撮影できるのはAF追随性能があるからですね。

DSC01267

デザートのみずみずしさも、美しく撮影!

DSC01687

手持ちで簡単に撮影したスワロフスキーのアクセサリーも、キラキラと美しくうっとりしております。

DSC02378

万能ズームレンズFE 24-105mm F4 G OSS (SEL24105G)

α7IIIとの組み合わせで最適なズームレンズと言えば、SEL24105Gです。広角の24mmから中望遠の105mmまでをコレ1本でカバー。このレンズ、みんな大好きGレンズで描写力も素晴らしく本当にオススメ。ズームレンズに悩んでいる人が居たら迷わずコレを選んで欲しいです。

詳細については別エントリーでまとめておりますので、以下を参照ください。

レンズ交換の手間いらず

単焦点レンズを複数本所有していますが、旅行や子どものイベントなど、レンズ交換する場所とタイミングがほぼ無いことが分かります。とはいっても、カメラを2台体制にすると合計の重量が身体の負担へと繋がります。

野外でのレンズ交換を極力減らすことによって、不要なゴミも入らない。センサークリーニングに出す回数や手間を考えると、「レンズ付けっぱなし」がベターなのかと思います。

手に入りやすい価格帯

もちろん、GMasterレンズであるSEL2470GMが一番オススメですが、価格が一般人には手が届かない。SEL2470GMの希望小売価格は278,000円ですので、買おうという気になれませんね・・・。

SEL24105GはF4スタートでも撮影シーンを選ばずに活躍できると思います。それでは、実際にSEL24105Gで撮影したスナップを見ていきましょう。

ズームレンズで日常を切り撮る

子どもの写真、日常のスナップなどとても使い勝手の良いレンズです。広角~中望遠まで、SEL24105Gこれ1本だけで旅に出たいぐらい。

DSC00858

これまで撮れなかった画角も逃さず撮影できます。日常スナップでレンズ交換することなく24-105mm まで撮影可能なので撮り逃すこともないですね。

DSC01752

DSC01747

DSC01774

花の撮影もくっきり綺麗

紫陽花の撮影もGレンズ特有の鮮やかさが出ていてとても良いですね。

DSC02118

まとめ

α7III は良いカメラです。それは、撮る人の負担を軽減させるような機能が備わっているから。瞳AFが搭載されて、輝く瞳を逃さない。連写機能との連携で人物撮影の失敗が減りました。実機については家電量販店や銀座のソニービルで展示されていますので、実機を触りながら検討してみることをオススメします。

キットレンズも選択肢としてはアリだと思う

α7III のズームレンズとして最適な SEL24105Gの詳細については、別エントリーで紹介しております。

ちなみに、α7IIIのズームレンズキット(28-70mm)もありますので、予算の関係でSEL24105Gが難しそうなら、キットレンズも視野に入れてみてはどうでしょうか。なお、α7IIIズームレンズキットとボディ単体のみの価格差が実売価格で1.5万~2万円程度の差額しか無いので、最初からズームレンズキットを買っておくのもアリです。(要らなければ売れば良いので)

余談:カメラを始めて10年経ちました

カメラを始めたのがSONY α350からでした。一眼レフでカメラデビューしてちょうど10年。変わったことと言えば、今の高性能なカメラはシャッターボタンを押すだけで綺麗に撮れること。でも、大事なのは自分の心だと思ったんです。自分がどう伝えたいのか。その気持ちは、写真を始めた頃の方が強かったように思います。

α7IIIが相棒になってから、カメラを始めた頃のワクワクが戻ってきたように感じます。写真から作品としてステップアップする段階までいきたい。一眼レフの使い方から分からず操作に苦戦したカメラがα350なので、一番思い入れのあるカメラはα350に間違いないのですが、今ここで、初心に返ってまた頑張っていこうと思いました。

伝えたい写真を撮ろう

α350で撮影した写真を3枚載せておきます。カメラと一緒に、また旅に出たいな。

DSC02728

宮崎と鹿児島の間にある牧場。高千穂牧場の羊。

DSC06519

あの頃の鹿児島本線。

DSC01920-01

那須高原のアルパカ。

© Manami Taira