Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

7歳が3歳にプログラミングを教え始めた

プログラミングのスタートに年齢は関係無い

「イチゴジャムを買ってきて」

そう夫に伝えて届いたのがマイコンボードのIchigoJamで、それからだいぶ月日が経ちました。

7歳の長男が、3歳の次男にIchigoJamでキーボードの入力方法とプログラミングを教えるようになりました。

内心、親としては「3歳の次男にできるのか?」と思っていました。でも、そうじゃなかった。次男はアルファベットは完全に書けなくても読めるから、キーボードもタイプする位置さえ分かれば入力できるんです。

7歳長男が3歳次男にキーボードの入力指導しながらプログラミングを教え始めた。意欲のある坊やたち🍡

大人は見守る立場にある

プログラミングのスタートに年齢は関係無いんだなと。Lチカできるようになった次男の笑顔が、とても輝いていました。そして、それを見守る長男も嬉しそうでした。

これまで「未就学児・小学生のプログラミング教育は大人が子どもに教えるものだ」とばかり思っていました。でもそうじゃなくて、子どもだけで解決できるように、大人は見守る。必要な時だけ手助けをする。そういった気付きもありました。

子ども同士で教え合ったり、お兄ちゃんが弟に教えるために教え方の工夫をしたりすることで、教える側も学んでいくのだと。

何も教えなくても、好きだから始めている

長男には何も教えていないのに、A3サイズのケント紙にBASICの写経をするようになりました。

「弟が満足していることに、僕は満足しない。もっと楽しいプログラムをつくりたい」

プログラミングは勉強ではなくて、「楽しいこと」なんです。大人から一方的に教えられる・与えられるものではない、自ら吸収していきたい気持ちが大事なんだと思いました。

IchigoJam 組み立て完成品は1台2200円程度で入手できます。敷居がぐんと低くなって、誰でも気軽にプログラミングを始められるようになりました。気になる方が居ましたら、親子で始めてみてはいかがでしょうか。

長男が5歳の頃に、プログラミング学習した過程が書籍になってます。

子どもに読んで伝えたい!おうちではじめるプログラミングの授業

子どもに読んで伝えたい!おうちではじめるプログラミングの授業

pcn.club

IchigoJam 組み立て済完成品 S

IchigoJam 組み立て済完成品 S

© Manami Taira