読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

電子工作を始めて1週間。大失敗から学んだ、たった一つのこと #母ちゃんArduino

母ちゃんArduino 人気記事
スポンサーリンク
 

母ちゃんが電子工作を始めて1週間

1日1時間、時間を作って電子工作とプログラミングをするようになりました。
少しずつ慣れてきて自信がついてきました。

この一週間で変わったこと

f:id:mana-cat:20150916005049p:plain

Amazonが電子工作をお勧めしてくれるようになりました。
そして、欲しい物リストが電子工作だらけにw
以下の画像がそのまま当てはまります。

そして、この悪循環画像のように「秋月電子にいきたい」衝動を抑えられません。

気付いたこと

電子工作ってお金がかからないとばかり思っていたのに…
カメラのレンズ沼と同じニオイがします。

初期費用はそこまで掛からないのに、部品調達費用がちょいちょい必要になってきます。

楽しさはプライスレス

始めて1週間で、電子工作のために7,000円近く投資しています。
でも、この7000円で毎日が本当に楽しくなった。

たった7000円で、これからの人生までもが変わりそうな予感がします!

やったこと

この数日間でやってみた電子工作を紹介します。

暗くなったらLEDが光るよ

今回はCdsセルと半固定抵抗器を使って、お部屋が暗くなったらLEDを光らせるように回路を組みました。

Cdsセルを紙で覆って暗くします。
紙は暗くなれば何でも良いんだけど、今回は薬局のオマケで貰ったオヤジパンダを被せてみた。

部屋が暗くなったことを感知して、ちゃんと光ってくれました。

温度センサー

室内温度を測定しました。
ちなみに、昨日は24度でしたよ。

スポンサーリンク

 

母ちゃんの大失敗

小型液晶ディスプレイで "Hello World"するつもりがピンの刺し方を間違ってしまって
液晶ディスプレイがショートしてしまい、壊れてしまいました

ピンヘッダをはんだづけしたのに…大ショック(ToT)
救いだったのはArduino本体が無事だったことでしょうか。

大失敗から学んだ、たった一つのこと

失敗した時はもう既に遅し。
それが電子工作の世界ですね。
プログラミング"だけ"出来てもダメで、どちらも成功しないと完成しない。
どちらも失敗してはいけないんです。
ただ、プログラミングを間違えてもやり直しは容易ですが、ピンを刺し間違えると本当に壊れることもあります。
これが、電子工作を始めて1週間経って学んだことです。

いつも完成品に囲まれて便利な生活をしていたから、平和ボケしていたんですよ、私…。

「間違えても大丈夫」
そんなことは無い。

本当に反省しました。
電流を流す前に、本当に間違いは無いのか 指さし確認しましょう。

「夜なべして電子工作」は部屋が暗いし、眠いのでピンの刺し間違えが発生しやすくて、取り返しのつかない失敗をしてしまうのでオススメできません。
作業する時間帯を見直そうと思います…。

すぐに秋月電子で調達しないと…
(ああ悪循環始まった…)

今回の失敗から、沢山の事を学びました。
明日からは気を取り直して頑張ります!

続編

関連ページ

 

スポンサーリンク

 

© Manami Taira