Mana Blog Next

仕事と家庭、自宅IoTへのチャレンジを綴るブログ

ラズパイZero がゲームコントローラーに!Adafruit Joy Bonnet for Raspberry Pi

手のひらサイズのゲームコントローラー

スイッチサイエンスでAdafruit Joy Bonnet for Raspberry Piが販売開始になりました。このコントローラーが意外と楽しく使えるので紹介しますね。

www.switch-science.com

Pimoroniでいち早く仕入れて動作確認済みなので本エントリーで紹介します。

f:id:mana-cat:20170529222849j:plain

上の写真は、大人の男性にコントローラーで操作させたところ。実は、ラズパイZeroケース、ラズパイZero本体、コントローラーの3つが重なっていてこのサイズなんです。小さいですよね。

使用するケースは以前紹介した、Adafruit ラズパイZero ケースになります。

Adafruit Joy Bonnet for Raspberry Piのセットアップ

I2Cを有効化して、以下のコマンドを実行します。

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/adafruit/Raspberry-Pi-Installer-Scripts/master/joy-bonnet.sh
$ sudo bash joy-bonnet.sh
$ sudo reboot

joy-bonnetのインストールが完了したら、再起動をします。

実際にゲームをプレイしてみる

ゲーム「Super Tux」をインストールします。

$ sudo apt-get install supertux

Super Tux のオプション画面を開いて、キーセットアップをします。スーパーファミコン世代がオススメするカスタマイズはこれだ!

f:id:mana-cat:20170529224738j:plain

こんな小さなコントローラーでもステージを次々とクリアできていますね。操作性には問題無さそうです。もちろん、ちゃんとBダッシュできます。ここ重要です。

f:id:mana-cat:20170529224246j:plain

ペンギンがファイヤーを吐いたり、スターで無敵状態になるのは、きっと何かをインスパイアしているに違いありません。

f:id:mana-cat:20170529224948j:plain

まとめ

ラズパイZeroでゲームコントローラーが必要なアプリを作ったり、既存のゲームパッケージをインストールして楽しんだりと用途は様々。ぜひ活用して楽しんでみましょう!

ちなみに、音声出力ができるHDMIのモニターにつなげた場合、音を再生しながらゲーム可能です。ゲーム以外にも使えそうなので、個人的にも活用してみます。

www.switch-science.com

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現

  • 作者: 廣川英寿,平初,橋本直哉,森田邦裕,渡辺一宏
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

© Manami Taira