Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

産後のしんどさが本当に病気だったとき

産後の「しんどい」を我慢していた

最近、やけに身体がしんどいと思って血液検査をしたんです。我慢していましたが、ついに限界でもうダメだと思って病院を受診しました。
最初は、「フラフラするし、産後の貧血かな~?」と思って。実際はそうじゃなかったみたいで、大きい病院に紹介状を書いてもらって、検査したところ甲状腺の疾患でした。産後の疲れにより、甲状腺の機能が低下している状態のようです。

産後の抜け毛はひどいけど、円形脱毛っぽい派手な抜け方をしていてこれはマズいと思って。このままでは禿げるんじゃないのかなとか、不安でいっぱいでした。三人目の出産なのでこれまでの抜け方とはちょっと違うなと感じた事も大きいです。

これまで、原因不明のアレルギー等で周りに心配を掛けてきたし、特に長男出産後は体調を崩しやすくなった自覚があるので、原因が特定できてホッとしました。2年前にアナフィラキシーショックになって、あれからパッチテストなどの詳細な検査をしても原因不明のままだったからです。
ほんと今頃気付いても遅かったんじゃないのかなとか思うけど、一つ言えることは、赤ちゃんが気付かせてくれたんだと思う。私は、いつも家族に救われている。

遺伝する事もある

甲状腺の疾患は遺伝することもあるので、今まで全く気付かなかった。怠い日もあって、自分の自己管理がダメなのかなとか、いつも自分を責めていた。
ある日、自分の遠い記憶の中にお祖母ちゃんが首回りを手術した記憶があって、「もしかして?」と思って、実家の母に電話で訊きました。「あの時のお祖母ちゃんの病気は何だったの?」と。実家暮らしの頃、お祖母ちゃんとは同居していなかったし、病気のことは詳しく知らなかった。当時私も6歳だったこともあって。孫の代まで遺伝する事があっても、まさか自分がそうなるとは想像もしていませんでした。

伝えたいこと

「産後だからしんどい」から仕方無い訳ではなくて、本当に病気のときがあるので、辛い時は皆さまご無理なさらず病院で診てもらった方がいいと、強く伝えたいと思ってこのエントリーを書きました。

ちなみに甲状腺の機能を調べるには、まずは血液検査。標準的な血液検査では検査項目にないので、もし検査希望の場合は医師にその旨を伝えた方が良いかと思います。

昨日は精密検査でまた病院に行って甲状腺エコー。 10分程度で終わる検査が40分かかって、結果が気になったけれど、年明けに聞くことにしました。 何事もありませんように!そう願っています。

今後のこと

今後のことは、年明けに診察して、医師から結果をちゃんと聞いてから考えようと思います。お薬で改善される疾患だし、今考えて悩んでも仕方が無いから、気楽にいこうと思っています。

年末年始は熊本の実家で療養する予定です。子ども達は一緒に行くのですが、夫は仕事のため東京に残ります。地元のカフェを巡るぞ~!!

追記:年明けに精密検査の結果を聞きにいきました。腫瘍は良性で甲状腺機能の低下も一時的なものだと分かり、ホッとしています。

地元のカフェレポートはブログに残す予定なので、皆さまお楽しみに!

追伸。Googleフォトが自動補正してくれた写真が綺麗すぎて感動。