Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

いじめが原因で保育園に行きたくないと言われたとき

f:id:mana-cat:20190321235845j:plain

自分の体調のことと、子どものこと

3月はじめに切迫流産になって、実家から親族がヘルプで来てくれて無事に出血が止まりました。周りのお陰で、自分自身も元気になってきています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです・・・。負担を掛けてしまって申し訳なかったな、と思っていますが、近いうちに恩返ししたいと思います。

2月の出来事に遡ります。次男がいま3歳クラスで、保育園で3日連続顔面に怪我をしてきたのです・・・。凶暴なクラスメイトに引っかかれたとのこと。内心「またか・・・」とため息をつきました。実は、初めてじゃないんです。以前もあって、その時も保護者の方から謝罪を受けました。が、改善なんて全くしていません、、、。

保育園側も、保育者が目を離した一瞬の隙を見て、その子どもが次男を引っ掻いてきたのだと。絵本を読み聞かせた後、本棚から別の絵本を取り出している瞬間に狙ってきたり、好きなオモチャが同じだったときに相手からの暴力が出たり、理由は様々ですが、なぜかうちの子が狙われる。

詳細は書かないのですが、保育園の対応も納得のいくものではありませんし、連続で起きているのに、なんで防げなかったんだろう・・・と次男の顔の傷跡を見て思います。そして、お迎えの時にサラっと報告されただけで、「ケガは保育園の看護師が処置しました。」ということで事前の電話連絡も無し・・・。これって一体・・・と思いました。

なんでこうなったんだろう

なんで次男ばかりこんな事をされるのか、、、と疑問に思いましたが、次男は3月生まれです。4月生まれのクラスメイトと約1年も月齢が離れています。

おやつそのものだったり、おやつに出される牛乳が飲めなくて、一人だけ座らされて「完食するまで遊んじゃいけません」と厳しく指導されている事を聞きました。それが発覚したのも、ヘルプを頼んだ母に早めにお迎えに行って欲しいと伝えたからです。

それって、いじめる雰囲気を保育園が作っているんじゃないの?と許せない思いがありました。そこまでイヤイヤしながら牛乳を飲ませないといけないんでしょうか・・・疑問です。早生まれが少ない関係で、同じクラスでも食べるスピードが遅いのは仕方が無いし、飲めない物もあります。保育園側にも、最初の面談時に「無理に牛乳を飲ませないでください」と念を押していたのにも関わらずです。なんで、こちらの意見を無視してこういった指導をしているのか。気付いたのが遅くて悔やまれるばかりです。

3月に入ってからは特に辛かったようで「保育園には行きたくない。先生に相談しても解決しないし、またあの子がイジワルを言う」と。現状、拳の暴力は無くなったけど言葉の暴力が続いているようなんです。どんなに抗議しても解決しない事は目に見えているので、転園をすることにしました。

転園します

初回の引っ掻き事件があったこと・保育園の方針等に疑問を抱いたことで転園を決意して転園届を出したのですが、なかなか空きが出なくて。ようやく4月から転園できます。次男が転園することで、入れ替わりで新たに入るお子さんも居て可哀想な気持ちになりますが、そこは気にしないでおこうと思います。

転園先の保育園の入園前説明会で見た限りでは本当に素敵な保育園だと思いました。新設の保育園で、説明会当日に新しいお友達もできたみたいで、本当に安心しました。保育園の見学タイムでは、次男は本棚の図鑑に夢中になっていたそうです。建物も、本も、オモチャも全てが新しい保育園で、心機一転がんばっていこうね。

許さなくてもいい

あと、次男には伝えています。「クラス全員の子と、無理してお友達になる必要はない。嫌いな子は嫌いで良いし、悪い事をする子とは距離を取って関わらないでいいよ」と。
私も大人になりましたが、その子どもと、保護者のことは許してないです。謝られても・・・こんなに回数が続けば許せる気にもなりません。良い人ぶって「何かあったらお互い様ですし、大丈夫ですよ」と許したら、うちの子どもに舐めてかかってくる相手です。

今回の件で、自分の想像以上に、保護者にはいろんな人が居ることを学びました。これまで長男・次男が通ってきた保育園は私立認可だったり認可外だったりしましたが、すべて良識的な保育園であり、良識的な保護者の皆さまとしか関わってこなかったと本当に痛感します。もちろん、子どもは成長過程にあるので嫌なことがあったことは今回に限らずですが、その時限りでここまで続くことはありませんでした。これまでの環境は当たり前じゃなかったんだな、と学びました。モンスター級の保護者とその子どもに遭遇したとき、どう対処すべきかも心得ました。

転園まであと数日です・・・。何も起こらないように願うばかりです。頑張っているのは本人なので、これ以上は負担が掛からないようにしたい。

© Manami Taira