Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭、カメラ、筋トレ生活

人生計画を立て直すことにしました

f:id:mana-cat:20190130222850j:plain

異変に気付いたのは筋トレしていたから

今年の計画も立て、次男の転園のための保活も2月上旬の結果待ちのステータス。そして、今年は更に筋トレを極めるという目標も立てた。

ある日、ウエイトが全然上がらなくなって、異変に気付く。測っていたウエストが何故か増えている事でも異変を感じる。

3人目を妊娠

何かおかしいと思って、婦人科で診てもらった。3人目を妊娠していた。妊娠2ヶ月だった。

「あと、安定期に入るまでは筋トレは禁止ね」
医師からの突然の禁止宣言に、「ですよね・・・」と納得。スポーツジムには暫く行っていない。

職場に報告

何かあったら大変なので、職場の上司・同じチームのメンバー・管理部門にも報告。妊娠中は体力的に難しい時間外業務(勉強会などのイベント当日対応)について相談。
返答に困るのではと悩んだけれど、妊娠報告直後に「おめでとう」と言っていただけたり、とても理解のある上司・理解のある職場で、心底ホッとしている・・・。本当にありがたい。ちなみに、本業はクラウドインフラエンジニアなので、物理サーバーを運ぶこともなく力仕事はない。

想定外のインフルエンザ

そんな妊娠初期の私は日々の生活に十分気を付けていたのに、インフルエンザA型に感染。婦人科でインフルエンザの予防接種を希望していたが、在庫が無く、職場近くの内科にも頼んでみたけど「妊婦のインフル予防接種は責任取れないから対応できない」と断られ、案の定 インフルエンザに感染・・・。
この大流行している中、大病院で子連れで長時間待つことも難しく、予防接種を諦めた選択が裏目に出てしまった。タミフルなどの抗インフルエンザ薬は妊娠初期には副作用の懸念があり、使用ができないから治りが遅かった。本当についていない。そして、有給をだいぶ消費した・・・。教訓として、予防接種は打てるタイミングで早めに打とう。

不安よりも「これからどう生きるか」を考えている

既に男児2人を育てているので、それが3人になるってあまり変わらないのではと思ったけど、子どもの食欲増大に伴い、食費がじわじわと上がってきている現実を知り、これは大変だ・・・と感じている。

あと教育費も3人分必要。贅沢はできないけど、家族で楽しく生きていければいっか。

住居の問題

いま住んでいる文京区の賃貸マンションでは、せいぜい3LDKまでしかない。暫く3LDKの賃貸マンション暮らしでいいかなと考えていたけど、これはさすがに部屋数が足りない気がする。それ以上は借家を借りるか、思い切って戸建てを買うか、諦めて遠方に引っ越すか。生活に慣れているから、区外への引っ越しは最終手段なのかなと思う。長男が小学校に入学して、転校させるのはさすがに可哀想かなとか・・・。どう生きるかは、家族でじっくり考えても良いのかなと思った。

生き方を考える

いま、年齢が35歳。無事に出産できるかもまだ分からない状態で不安が全くないといえば嘘になる。まずは無事に産まれることを願い、日々を無理せず過ごすしかない。

次男ももうすぐ4歳になるし、妊娠が分かるまではフルタイムに戻そうかなとか、自分のキャリアにアクセル踏もうかなとか考えていたけど、今は難しいかな。3人目を出産して落ち着くまでは、先のキャリアの事はあまり考えないようにしよう。でも技術的に楽しいことはどんどんやろう。長男を出産してから執筆を始めた事で今の自分があるのだから、自分のペースでチャレンジは続けて行くつもり。誰かと比較する必要は無い。自分の人生だからね。

3人目の保活、育休からの復帰、仕事と育児の両立ができるのか・・・沢山の不安があるけれど、これだけは言える。
私がインフルエンザで寝込んでいる間、夫が家事も育児も全て対応してくれた。こんなに頼もしい夫がいるのだから、2人で力を合わせれば、何とかなるんじゃないのかなと感じている。実は、私よりも料理が上手な夫。小学生の頃からきょうだいにご飯を作っていたって。私と同じだね。あと、元々料理スキルが高い人なんだと思った。

夫婦共働きをしながら子ども3人を育て上げる。ほんと大変かもしれないけれど、それよりも楽しい思い出を作っていきたいね。

© Manami Taira