Mana Blog Next

自宅IoT、仕事と家庭のチャレンジ

長男の傘が壊された

学童保育では突然の雨に備えるため、傘を置いておく「置き傘ルール」があって、今朝 長男に傘を持たせた。
(小学校入学と同時に購入した、ほぼ新品の傘。2200円)

学童から帰宅した長男が泣いていて、手には置き傘にするはずの傘が。
傘が非常に強力な力でシャフト(中棒)ごと曲がってボロボロになっていた、、

長男が学童保育に滞在している15:00-18:00の3時間のあいだに、誰かが置き傘をパクって、シャフトごと曲げて元の場所に戻した可能性が・・・。

学童保育にいるのは小学1年生~3年生。
小学校高学年以上か、または大人の力じゃ無いと、こんなには曲がらない。
学童保育の子ども達は教室に入っているため、外に出るのは帰るときだから、本当に誰がやったのか想像がつかない。

長男から学童の先生には相談したそうだけど、親としてもすぐさま学童保育には電話してはみたものの・・・監視カメラを確認して貰うかどうかで悩んでる。

傘が壊されたぐらいでこんなに悩まなくても良いけれど、最近ニュースで物騒だから用心したい。

悩みは尽きない。

© Manami Taira