読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

年々厳しくなる都内の保活事情

スポンサーリンク

平成29年度文京区認可保育園の選考結果

次男(来年度2歳クラス)の保育園入所が決まりました。2年半にも及ぶ長い長い保活でした。

兄弟で同じ保育園には入れなかったけど、ひとまずはホッとしました。これまで応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

一度正社員のレールから外れてしまった私の保活

私は、身体が弱かった長男(当時2歳)の看護のため、過去に会社員を退職しています。そう、退職したことによってレールから外れてしまったのです。

その間は、子どもに寄り添いながらも細々とテクニカルライターをしていました。
長男の体調が落ち着いてホッと落ち着いた頃に、次男の妊娠が発覚。次男は元々、2015年3月30日出産予定日でした。医師から予定日を知らされたとき、保活は苦戦すると思いましたが、やはり予想的中。次男妊娠中から認証保育園・認可外保育園の保活を続けていました。

1年前の不承諾通知は辛かった

1年前の今頃は相当苦しかったです。内定通知が出ていたのにもかかわらず、指数不足で不承諾。

結果、次男は妊娠中に申し込んだ新宿区の認可外保育園へ通うことになり、認可保育園よりも高額な保育料を支払う必要がありました。でも、認可外に預けて受託ポイント加算をするしか方法は無いと諦めました。

我が家の保活

長男の保育園でだいぶ苦戦したことがあって、保活は慎重になりました。指数が足りないとき、それを補える方法は無いか模索しました。

  • 文京区の中心地に引っ越して選択肢を広げる
  • 不人気の保育園を選ぶ
  • 認可外保育園で受託ポイント加算
  • 時短勤務を補うための副業

引っ越し

保育園の生活を通して日々成長をする次男を見て、保育園が合ってさえいれば十分なのではと思っていたのですが、とにかく自宅から通わせるのが大変で、かつ兄弟の保育園が離れていて送迎の負担が大きかったです。

昨年の9月までは文京区と新宿区の境目に住んでいた事もあって、認可保育園が全く空かず、応募しても競争率が高くて入れませんでした。もうこの際だから、文京区の中心あたりに引っ越して保育園の選択肢を広げよう。空気の綺麗なエリアに引っ越そう。そう決心して、引っ越し費用に200万円かけて文京区の中心地に転居しました。

ママチャリの購入と不人気園の分析

そして行動範囲を広げるために、計画的に電動アシスト自転車を購入しました。これで、自宅よりもやや遠い保育園になったとしても自転車で通えるようにしました。

平成井28年度の内定指数一覧を参考にして、不人気の保育園を分析してそこに応募する方法を取りました。自宅から少し離れていても、電動アシスト自転車で通える範囲ならOKとしました。

引っ越し後の急な退職

引っ越し後、退職することが急に決まり、昨年の11月は、保活、転職活動、繋ぎのテクニカルライターの仕事をしながら次の仕事が決まるまでの1ヶ月間は本当に必死でした。

結果として、テクニカルライターの仕事を細々と続けていたことで時短勤務の指数を補う形となり、フルタイム相当の指数になりました。あと、兄弟加算と受託ポイントがありました。

ただ、睡眠時間を犠牲にして指数稼ぎをしないといけない時点で、この保育園選考のシステムは既に崩壊している気がします。

感じたこと

保活攻略やテクニックが広く知れ渡ってしまってかえって情報戦になっていると感じています。また、文京区で認可保育園に申し込んでいる大半の方は、夫婦共働きでフルタイム勤務だそうです。時短勤務だと最初から負けは決まっているようなもの。私のようにレールから外れてしまった親は、必死に足掻くしかありません。

でも、そうせざるを得ない状況を作ってしまっている現状の保育園不足を解決しなければ、全く改善されないと思います。

昨年の夏頃だったでしょうか。新米パパ・ママらしきカップルが保育課の窓口で「夫婦フルタイムで働いても保育園に入れないご家庭が殆どですからまずは認証・認可外をご検討下さい」と係の人に告げられたときの複雑な表情が忘れられない。こんな苦しい思いを、これからの若い世代に背負わせたくないと思った。

子どもが居ても働きたい人が、当然のように子どもを預けられる世の中になって欲しい。

保活の次は小1の壁が待っている

長男は4月から年長クラスです。来年からは小学生です。先を見据えて学童保育が多い地区に引っ越してきましたが、もし入れない時はどうしよう・・・まだランドセルも買っていないのに小学校入学後のことで悩んでいます。

子育ての悩みは尽きません。

anan (アンアン) 2017/02/15[生き方を選ぶ]

anan (アンアン) 2017/02/15[生き方を選ぶ]

関連ページ

© Manami Taira