Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

センサー盛り沢山のEnviro pHATをラズパイZeroで試してみた

f:id:mana-cat:20170503122245j:plain:w400

Enviro pHATとは?

ラズパイZero、ラズパイ2、ラズパイ3に対応しているHATです。ラズパイのGPIOピンヘッダに取り付けて使用します。これ1枚のHATの中に4つの異なるセンサーが搭載されていて、かつ同時にセンサーの値を取得することも可能です。

今回紹介するEnviro pHATは、搭載されているセンサーが盛り沢山でコスパ的には最高だと思います。

項目 詳細
価格 16ポンド(約2,319円)
国内発売 スイッチサイエンスで販売開始(2017/05/25追記)
輸入した海外サイト Pimoroni

国内ではスイッチサイエンスで販売か開始されました!

www.switch-science.com

Enviro pHAT の詳細

Enviro pHATに搭載されているセンサーの詳細です。このEnviro pHATさえお買い上げすれば、レンズ沼ならぬセンサー沼にハマることは無いと思います。

センサー型番 用途 データシート
BMP280 温度・気圧センサー BMP280 Datasheet
TCS3472 光センサー、カラーセンサー TCS3472 Datasheet
LSM303D 3軸 加速度センサ LSM303D
ADS1015 3.3V 4チャンネル ADコンバータ AdaFruit ADS1015
その他 LEDx2 -

※湿度センサーは付いていないようです

準備:ピンの装着

まずはじめに、ADコンバータ部分のピンヘッダ(6ピン)と、ピンソケットのはんだ付けをします。ADコンバータを使わないなら、ピンソケットのみのはんだ付けでも構いません。

ラズパイZeroにGPIOピンがはんだ付けされていなかったら、こちらもはんだ付けします。はんだ付けが苦手な方は、GPIO Hammer Header を使うことも検討してみましょう。

ラズパイZeroの設定

電源を入れていないラズパイZeroに、Enviro pHATを装着します。このとき、ピンヘッダによる怪我に十分注意しながらEnviro pHATを装着しましょう。

I2Cの有効化

もしI2Cが無効化されている場合は、こちらを有効にします。

すべて準備ができたら、ラズパイZeroの電源を入れ、次の設定をコマンドラインで行います。

ライブラリのインストール

Enviro pHATのライブラリをラズパイZeroにインストールします。

Do you wish to continue? Do you wish to perform a full install?と訊かれるので、いずれも y を入力します。ラズパイZeroで実行するとき、インストールに数分ほどかかりますのでそれまで待ちます。

$ curl https://get.pimoroni.com/envirophat | bash
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 37626  100 37626    0     0  21723      0  0:00:01  0:00:01 --:--:-- 21724

This script will install everything needed to use
Enviro pHAT

Always be careful when running scripts and commands copied
from the internet. Ensure they are from a trusted source.

If you want to see what this script does before running it,
you should run: 'curl https://get.pimoroni.com/envirophat'

Note: Enviro pHAT requires I2C communication

Do you wish to continue? [y/N] y

Checking environment...
Updating apt indexes...
...............
Checking hardware requirements...

Checking for packages required for GPIO control...
.....................RPi.GPIO installed and up-to-date

I2C already enabled

Checking packages required by I2C interface...

Checking packages required by I2C interface...
smbus installed and up-to-date

Enviro pHAT comes with examples and documentation that you may wish to install.
Performing a full install will ensure those resources are installed,
along with all required dependencies. It may however take a while!

Do you wish to perform a full install? [y/N] y

Checking for dependencies...

Installing python-envirophat...
install ok installed
Installing python3-envirophat...
install ok installed

Checking for additional software...

Downloading examples and documentation...
Resources for your Enviro pHAT were copied to
/home/pi/Pimoroni/envirophat

All done. Enjoy your Enviro pHAT!

または、Raspbianでpimoroni-dashboardをダウンロードして、関連するエントリを参照して製品をインストールすることもできます。

$ sudo apt-get install pimoroni

プログラムの実行

試しにサンプルプログラムをダウンロードし、実行してみます。1秒ごとにセンサーの値を取得しているので、リアルタイム風に表示されます。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/pimoroni/enviro-phat/master/examples/all.py
$ python ./all.py
--- Enviro pHAT Monitoring ---
Temp: 27.26c
Pressure: 102635.49Pa
Light: 729
RGB: 123, 116, 120
Heading: 9.25
Magnetometer: 3926 617 4928
Accelerometer: -0.98g 0.03g 0.03g
Analog: 0: 0.56, 1: 0.572, 2: 0.564, 3: 0.578

センサー+カメラの組み合わせ

定点観測用のカメラと組み合わせてみると楽しいよ。ラズパイZero用のカメラについては以下のエントリーを参考にしてください。

まとめ

1枚2000円ちょっとで試してみたいセンサーが搭載されているので、何を買えば分からない人は、とりあえずこの1枚を買っておけば安心です。

www.switch-science.com

Enviro pHATshop.pimoroni.com

センサーの値を活用して、いろいろ楽しいことができそうな予感がします。今回は環境設定のみの説明でしたので、次回は応用編を書きます。

関連ページ

© Manami Taira