Mana Blog Next

仕事と家庭、自宅IoTへのチャレンジを綴るブログ

5才児に「押すな。絶対に押すなよ!」と注意した結果

スポンサーリンク

ついに我が家にも届きました

Amazon dashボタンが我が家にも届きました。ボタンの初期設定をして、ボタンを押すと特定の商品をAmazonで購入できる便利なボタンです。

5才の長男が興味を示していてこちらをじーっと見つめていて、「触っちゃダメだよ」と念押ししていましたが、気に入ってしまったようで子ども部屋に飾り付けられていました。

f:id:mana-cat:20161207224614j:plain

「絶対に押すな!」は通用しない?

「飾り付けるのは別に構わないが、押すなよ、絶対に押すなよ!」と注意をしたけれど・・・

なんか注文されてます。ちなみに、dashボタンを押して注文が成立して30分以内だったらキャンセルができるそうですよ。残念ながら(?)キャンセルできるタイミングを逃してしまったので、お急ぎ便で商品が届きました。

長男は「本当に届くとは思わなかった。ごっこ遊びだと思ってたのに!」と子どもらしいリアクションをしています。

Amazon dashボタンは1個500円だけど、dashボタンで商品を購入する際に初回のみ500円の値引きがあるので実質タダ。今回、設定して届いた商品は腐らないし、自宅のストックとして残しておくことにしました。

あとは、どうしようかな、分解して改造しようかな・・・何か良い使い道があったら教えて下さい。

まとめ

子どもに「絶対に押すな!」と注意しても押してしまうので、もう少し言い方を変えた方が良かったのかも。Twitterで頂いたアドバイス、活用させていただきます。

エリエール Dash Button

エリエール Dash Button

関連ページ

© Manami Taira