読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

入社してもうすぐ2ヶ月。短時間正社員として働いてみて

育児・仕事と家庭

4月から会社員に復帰してもうすぐ2ヶ月になります。
気候の変化で子どもの喘息発作が出てしまいがちなので、本来は7時間勤務のところ、時短をして6時間勤務にしています。

入社時、OpenStackは未経験だったので本当に自分はできるんだろうか?大丈夫なんだろうか?といつも不安でいっぱいでした(今も不安です)。ゴールデンウィーク中に勉強したり、周りのサポートで何とか乗り越え、書籍を出版することも決まり、最初のミッションを達成するまであと少しとなりました。

出産はキャリアがダウンするのか?

子どもを二人出産しているので、自分のキャリアは途切れ途切れなんじゃないのだろうか?と周りと比べてしまうこともあります。出産というブランク故に、その年相応に必要なスキルが備わっていないんじゃないのかと落ち込むこともあります。
ただ、元々あまり気にしないマイペースな性格なので、そこまで強いストレスにはなっていません。

また、2人分の保育園のお迎えがあるので時短で帰らなくてはなりませんし、子どもがいると技術勉強会に参加することも少なくなり、勉強会の企画もスローペースです。もっと積極的に活動したいのが本音ですが、なかなかそうはいきません。

これまでの経験は活かされている

子どもを出産後、技術雑誌に寄稿などを行って新しいチャレンジを始めたり、育休中に仮想化関連の資格(LPIC304)を取ったりしました。その経験が、今までの仕事に直結しています。これまでの努力は無駄ではないと感じています。

出産・育児経験は、自分自身を成長させたのだと感じています。

これからの生き方

子育てしつつ、頑張りすぎずに仕事を続けるにはどう工夫すれば良いのか。またもや絶妙なタイミングで参考になるコラムが掲載されていました。自分の考えていたことが書かれていたので概ね同意です。

www.atmarkit.co.jp

自分が35歳になったとき、40歳になったとき、そしてその後・・・どのような人生を送りたいのか先を見据えつつも、目の前のことを頑張っていこうと思います。無理し過ぎずに。

自分の強みを作りたい

翔泳社の資格Zineというサイトで夫が取材を受けていたようです。ちなみに同じIT業界で働いていても、仕事については夫婦間では話しませんので、偶然ページを見付けてビックリしました。(自宅IoTやRaspberry Piの話に夢中になるので・・・)

shikakuzine.jp

そこで、「エンジニアは自分の強みを持つこと」と書かれていて、今の私の強みって何だろうな~と感じました。
OpenStackという未経験の分野でまだ何も強みとなるものを持っていない状態ですので、自分にしかできないことを見付けていけたらいいな。

時短勤務の心掛け

個人的な心がけは以下の通り。

  • 周りと比べない
  • 短時間勤務でも責任を持って目の前の仕事に取り組む
  • 自分にしかできない強みを作る
  • 時間を常に意識する

フルタイム勤務と異なるのは勤務時間のみだと思っています。ミッションに取り組む姿勢はフルタイム勤務と変わらないです。

周囲の協力とツールの活用

短時間勤務になるので、エンジニアチーム内で気に掛けてくれたり、本当に感謝しかありません。
仕事を進めやすいようにGitHub/GitLab にPushしたらSlackに通知がいくようになっていたりするので、仕事はとても進めやすいです。

Marked2

また、文書ツールはほぼ全て Markdown 形式でまとめるので、このブログの入力方式がとても役立っています。
MarkdownからPDFに変換するMacのツールで「Marked2」がありますがこれは本当に使いやすいし便利。有料だけど、重宝しています。

ijairai.hatenablog.com

だいぶ仕事にも慣れてきたので、これからも自分のペースでお仕事頑張りますね。

お知らせ

2年前の5月24日は、カメラ勉強会でこのはちゃん&あんずちゃんのポートレート実践編をしました。また企画したいですね :)

www.mana-cat.com

同日に発足したTechGIRLについては、第4回目のご案内ができるように調整中ですのでお楽しみに!

TechGIRL | Doorkeeper

Ansible完全読本

Ansible完全読本

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

© Manami Taira