読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

OpenStack Mitakaをインストールしてみた

OpenStack

こんばんは。昨晩に長男が高熱を出してしまい、またお仕事をお休みすることに。早朝から20kgの重りを抱えて小児科に行きましたよ。
そして仕事も休み・・・何だかストレスフル!だったら可能な範囲で仕事のお勉強でもしようと思いまして。

今日は、契約したIDCFクラウドで仮想マシンを2台動かしてOpenStack Mitakaを構築しました。(※検証目的のための短時間稼働ですよ、念のため)

f:id:mana-cat:20160510233438p:plain

記念に、スクショを貼っておきます!

f:id:mana-cat:20160510233729p:plain

費用

f:id:mana-cat:20160510231716p:plain

そして驚きなのが、IDCFクラウドは時間単位の請求なので、かかった費用はたったの200円。(構築スピード重視で、スペックはスタンダードを選んでます)
IDCFクラウドさんまじ素晴らしい。先月、LINEでお友達になるだけでクーポン3000円分をもらえたし、実質タダで動かせています。なので、感謝の気持ちを込めてブログに残しておきますね。本当に助かりました。

節約ポイント

ポートフォワードする

仮想マシンの台数分、グローバルIPアドレスを確保するとその分だけ費用がかかるので、これはしっかり節約を。
まずはSSHポートフォワードを設定することに。先に仮想マシンのうち1台でSSHのポートを変更し、サービスを再起動します。

# vi /etc/ssh/sshd_config
#Port 22
Port 10022
# service sshd restart

次にIDCFクラウドのコントロールパネルで、ポトフォワードの設定をします。左のメニューから「IPアドレス」を選んで、ポートフォワードのタブをクリックし、設定していきます。

f:id:mana-cat:20160510232019p:plain

どうでもいいのですが、controllerノードでの作業の方が圧倒的に多いので、こちらのSSHポート22番から変更せずにcomputeのSSHポートを変更すれば良かったかもしれません。

そして、仮想マシンに変更したポート番号でSSHログインします。
Ubuntu Server 14.04だったら、みんな大好きnetstatコマンドがまだ使えます。

# netstat -an | grep 10022
tcp        0      0 0.0.0.0:10022           0.0.0.0:*               LISTEN
tcp        0     96 10.15.0.10:10022        xxx.xxx.xxx.xxx:61544     ESTABLISHED
tcp6       0      0 :::10022                :::*                    LISTEN

設定変更の救世主「crudini」

iniファイルなどの設定ファイルをコマンドひとつでサックリと変更できるツール「crudini」が本当に使える。このように検証目的で構築する場合に威力を発揮します。

# openssl rand -hex 10
038cfbea0bc43edd3533

# apt-get install crudini
crudini --set  /etc/keystone/keystone.conf DEFAULT admin_token 038cfbea0bc43edd3533
crudini --set  /etc/keystone/keystone.conf database connection mysql+pymysql://keystone:password@controller/keystone
crudini --set  /etc/keystone/keystone.conf token provider fernet

glanceのインストールと設定もすぐに終わる。

# apt-get install glance
# vi crudini-glance-api.sh
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf database connection mysql+pymysql://glance:password@controller/glance
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken auth_uri http://controller:5000
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken auth_url http://controller:35357
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken memcached_servers controller:11211
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken auth_type password
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken project_domain_name default
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken user_domain_name default
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken project_name service
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken username glance
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  keystone_authtoken password password
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  paste_deploy flavor keystone
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  glance_store stores file,http
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  glance_store  default_store file
crudini --set /etc/glance/glance-api.conf  glance_store filesystem_store_datadir /var/lib/glance/images/
crudini --del /etc/glance/glance-api.conf database sqlite_db

# sh crudini-glance-api.sh

などなど、crudiniを使うと作業が3倍速くなるのでオススメです。

最後に

IDCFクラウドさんのお陰で、無事にOpenStack Mitakaの検証が落ち着きました。ありがとうございます!

Ubuntu Server 14.04上でOpenStack Mitakaのインストール手順について知りたい方は、仕事の方で纏めますのでぜひぜひ楽しみにして下さいね。

OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門

OpenStackクラウドインテグレーション オープンソースクラウドによるサービス構築入門

OPCEL認定試験 OpenStack技術者認定試験対策教科書

OPCEL認定試験 OpenStack技術者認定試験対策教科書

© Manami Taira