読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

長男の認可保育園が決まりました

育児・仕事と家庭

f:id:mana-cat:20151217005551j:plain

それは、長い道のりだった

本日、息子(長男 4才)の保活が終わりました。
無事、認可保育園の内定が出ました。
息子が0才の頃から保活をしていたので本当に、長い道のりでした。
諦めずに情報収集を続けて、誰も狙わない1月入園を狙って申し込みました。運が良かったのかもしれません。
それに伴い、息子の通っている認可外保育園(東京都認証保育園)を今月いっぱいで退園することになりました。
今通っている認証保育園は3才クラスまでしかないので、元々来年3月の退園予定だったのです。
退園が3ヶ月早まったと思えば良いのですが・・・息子には仲の良いお友達もできて、毎日楽しそうに保育園に通っている姿を見ると、心が痛みます。

辛いことも沢山あった

認可保育園の内定を園長先生に報告したとき、一緒に泣いてしまいました。これまでの2年と9ヶ月は、辛いことも沢山ありました。
息子が2~3才の頃、肺炎が引き金となって入退院を繰り返していました。
私は通院の付添をして、仕事どころじゃなくなって出口の見えないトンネルに入っていました。本当に辛い毎日でした。

諦めなかったから、今がある

2年前に会社員を退職した頃は、息子の看病と体調改善に専念しました。
保育園の担任の先生や園長先生に励まされながら、諦めずにやってこれたのだと思います。

2年前と今

息子の身体が弱くて、保育園に殆ど通えない月もありました。ですが、息子の体調は絶対に良くなると信じて保育料を払い続け、在籍する方法を選びました。
2才児クラスの頃、息子が2ヶ月ぶりに登園できたとき、クラスメイトがわぁーっと駆け寄り、まず最初に女の子が「本当に心配していたんだよ・・・」と抱きしめ、他のお友達も次々と息子を抱きしめてくれました。
それから体調に合わせながらの登園を続け、徐々に通えるようになり、先月11月は体調を崩すことはなく、保育園を一度も休みませんでした。
4才を過ぎてから、小児喘息の発作も殆ど無くなりました。

もう、この子は大丈夫

全力ダッシュしても、運動場でサッカーしても、周りの子ども達と同じぐらい、体力がついた。
土日は夫が息子を連れ出し、鉄道名所巡りや運動をしてアクティブに過ごしてもお昼寝しなくて、有り余る体力に親がどうしたらいいのか悩んでしまうほど。
保育園の先生にも恵まれ、お友達にも恵まれ、そして息子も周囲を大事にしている。泣いているお友達がいたら慰め、「一緒に遊ぼう」と誘ったりしていると先生から聞いて、心の成長も遂げたのだと感じました。
息子も私たち夫婦も、保育園の先生方に本当に助けられました。
本当にありがとうございました。

二男の認可保育園について

あとは二男の保育園が決まれば仕事復帰ができそうですので、もうひとがんばりです。
3月生まれの二男は来年度の1才クラスに応募中です。ご存知の通り、東京都23区内の1才クラスは超激戦です。認可保育園には入れない可能性の方が高いので、認可外の保育園巡りを続けてみます。
何事も、諦めずに続けることでゴールが見えてくるのだと思います。希望を捨てずに、これからも頑張っていきます。

わたしだけのはらぺこあおむし (ぬりえ絵本)

わたしだけのはらぺこあおむし (ぬりえ絵本)

© Manami Taira