読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

子育て中に執筆時間を確保する工夫

育児・仕事と家庭 母ちゃんRaspberry Pi

昨日、原稿を提出しました。
二男を出産して初めての寄稿です。

子育てしながらの執筆は、とにかく時間がない

子どもが昼寝している間、就寝中の間に家事も執筆も行います。そのため、まとまった時間は、毎日1~2時間しかないので集中してやるしかありません。時間が足りなくて本当に難しい。
ちなみに、近くの保育園に一時保育を相談しましたが、「一時保育もいっぱいなんです・・・」と断られてしまいましたので、今回は二男を預けることができませんでした。(長男は認可外の保育園に今年度いっぱい通えます)
私にとっては、〆切日が書けるかどうかのギリギリラインでしたので、今後のためにコツをメモとして残します。

時間の使い方を工夫する

子育て中で時間が無いからこそ、工夫して時間を作る!これに尽きます。

編集者との打ち合わせは最優先にする

担当の方から連絡があったら、すぐに打ち合わせをセッティングして詳細を確認するようにします。
じゃないと何も始まらないし、時間も勿体無いので。

先に原稿の構成を決めて、内容を伝えておく

先に構成を決めて、編集者の方にも伝えておきます。その方が、双方の認識にズレが生じなくて済むし、万が一 認識が間違っていても最小限の軌道修正で済みます。

先頭から書くのではなくて、書ける箇所からひたすら書く

原稿は書ける箇所から取りかかります。とにかく進捗率を上げたいのなら、書きやすい章節から書いた方が効率的です。少々面倒なスクリーンショット撮りや現物撮りなどは最後に回して、書くことに集中しました。
とにかく、書ける箇所からひたすら書く。

進捗は自分で管理する

執筆は自分との闘いです。進捗は自分自身で管理します。

〆切よりも数日早く終わるように目標を立てる

「子どもが熱を出した」「夫が体調不良で休日寝込む」などのハプニングは付きものです。
家族の不調を想定して、原稿も早く終わるように目標を立てることが重要です。

タスク管理ソフトを活用する

自分用ToDo管理ソフトとして使っているWunderlistに、「今日の進捗どうですか?」とアラートを出してもらってます。
こんなとき、コマンド一つでタスクを追加できるwunderlineは便利ですよ。この方法、かなり効くのでおすすめ!

行き詰まったとき

SNSは絶対に見ない

執筆をスタートさせたら、集中力を高めるためにSNSは見ないようにします。
特にFacebook。見ない方が効率的です。みんなが仕事を終わらせてプライベートな時間をゆったり過ごしている時間帯に執筆をしているので、やる気の維持のために見ないようにします。
自分のペースを維持するために、集中している間だけ切り捨てましょう。
人は人。自分は自分です。

気分転換は排水溝の掃除と散歩

どうしても気分転換したい!そんなときは掃除をします。
いつも汚れやすい、お風呂場の排水溝を思いっきり掃除して綺麗にさせると、気持ちもスッキリとします!おすすめ。
あと、子どもがお昼寝してくれなくて原稿が進まない時は、そこはもう諦めて一緒に遊んだり、お散歩します。子どもは満足すると眠たくなってお昼寝してくれます。

眠くなったら寝る

執筆中に自分自身が眠くなったら、どう頑張ってもよい結果が残せませんので、翌日に取り返せるのだったら諦めて寝ます。
翌日、睡眠不足も解消され、眠気スッキリで集中力もUPします!

もっと集中したいときはパズルをする

もっと集中力を高めたい!と思ったら、パズドラをしていました。パズルゲームは集中力を一気に高めてくれる素晴らしいツールです。


※パズドラ無課金組です。

【まとめ】時間は作り出すもの

子育て中でも、時間の使い方の工夫さえすれば寄稿はできる!これは自信にも繋がりました。
工夫して時間を作り出して、これからもチャレンジしていきたいです。
前回エントリーでは、子ども達が保育園に入れないかもしれないと落ち込んでいましたが、今を精一杯頑張れば結果は付いてくるはずだから、自分を信じて頑張っていこうと今は思っています。チャレンジ精神は大事ですね。

おまけ

f:id:mana-cat:20151118133107j:plain
休日は夫が胃腸炎でダウンしていたので、息子と一緒に近所をお散歩。
近所にlecker maulというドイツ料理店がオープンして、そこのフラムクーヘンが大のお気に入り。f:id:mana-cat:20151118183927j:plain
そして、教会のバザーで、息子と一緒に醤油差しを買ったよ。
息子達の笑顔で心が満たされた。明日も頑張ろう。

© Manami Taira