読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

大宮の「鉄道博物館」に行ってきた

育児・仕事と家庭 お出かけ情報

今日は寒くて、自宅で引き籠もろうとしたんですが夫と息子から「え~っ!?鉄道博物館に行こうよ」と引っ張られて行きました。

全然乗り気じゃないママでしたが、鉄道博物館に行ってよかったですよ。

都内の自宅から鉄道博物館まで約1時間で到着。埼玉って意外と近いです。

一番の見物である「回転台ショー」が12時ちょうどにあったので、それ目がけて行くために9時半に出発しました。

休日の鉄道博物館の様子

日曜日・お天気は曇り時々雨の鉄道博物館は以下のような特徴がありました。

簡単に箇条書きでまとめてみます。

  • オープン30分後に行ってみたけど、既に混んでいた
  • 2階の「日本食堂」は11時の時点で既に混んでいたが、3階奥の食堂は待たずに入れる
  • 「日本食堂」のお子さまランチは、味付けが濃いのと揚げ物が多いので子どもにとっては食べられない場合もあるのでよく検討すること
  • 3階ビューデッキ内に休憩スペースあり。持込のお弁当もこちらで飲食可
  • 2階に駅弁コーナーがある。価格は1000円ぐらい
  • 12時に始まる「回転台ショー」目がけてやってくるお客さん多数のため、3階の撮影スポットは人で埋め尽くされている。よって、ナイスなショットが撮りたいのなら早めに待っておいた方が無難
  • イベントは事前にチェックしておく

お子様ランチは味付けが濃くて息子はあまり食べてくれませんでした。自宅では、ほぼ和食なのでいきなりケチャップライスだと難しいよね。うーむ…

そう考えると鉄道博物館に入館する前に大宮のどこかで外食をするか、入館後、休憩スペースで持参のお弁当を食べた方が無難かもしれません。

感想

大人も子どもも楽しく過ごすことができる場所でした。現役を引退した新幹線の展示をしていて、実際に車内のシートに座ることもできたので楽しかったです。

もちろん、SL機関車の回転台ショーについては実際にこの目でみること自体が貴重です。最初、行く気が無かった私自身もとても楽しめて良かったと思います。

あと、お土産売り場の鉄道グッズが豊富でした。子ども・男性のみならず、女性ウケする「Suicaペンギン」の可愛い系コーナーもありましたよ。

カメラや交換レンズなど

超広角レンズ・広角レンズ・標準レンズ・回転台ショーを3階から撮影する場合は望遠レンズがあった方が無難です。

 

私はRX10で撮影したのでほぼカバーしましたが、超広角までは撮影できなかったので、一眼を持ってくればよかったかな…

「食堂車のプリン」を食べてみたけど、プリンらしい味がしなかったのが残念だった。残念だったのはこれだけ。後は良い思い出でした。

© Manami Taira