読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

お祖母ちゃんへ。

1月14日。夫の祖母が息を引き取りました。

夫の両親は他界しており、夫にとっては、お祖母ちゃんが親のような存在でした。お祖母ちゃんの名前は、アイヌ語で「家」という意味。名前の通り、私たち家族の帰る場所でした。

お祖母ちゃんと初めてお会いして婚約の報告をした時も、私たちが結婚した時も、息子が産まれた時も、いつも嬉しさの余り涙を浮かべていたお祖母ちゃん。

私とは血は繋がっていなくても、いつも掛けてくれる言葉が優しく、愛に溢れていました。

その笑顔と愛情を、一生忘れることはないでしょう。

お祖母ちゃんから私への最期の言葉。

「初のことを、よろしくお願いします」

お祖母ちゃんは、本当はもっと生きたかったと思うんだ。だから、僅かな希望をもって手術に臨んだ。生きたくて生きたくて、今できる事の最善を尽くした。もっと生きたかったんだ。

あなたが生きたかった明日を、私はあなたの分まで、背負って生きていきます。

いつも大事にしてもらって、感謝しきれません。しかし、この恩を返したくても返せない、気持ちのやり場の無さ。あなたから託された言葉の重みを受け止め、家族幸せに生きていく事が恩返しになると思うから、お祖母ちゃんが天国で笑顔でいれるように、家族幸せに暮らしていきます。

お祖母ちゃん、本当にありがとう。お祖父ちゃんと、娘さんが待っている天国で、私たち家族を見守ってください。

愛美より

補足

夫のインフルエンザ発症に続き、私と息子もインフルエンザを発症し、葬儀への参列が出来ない状況です。(夫は回復しましたが、助けに来てくれた実家の母もインフルエンザ発症…)。とても申し訳ない気持ちがあったので、今の気持ちを日記に残しました。春になったら北海道へ帰り、この感謝の気持を墓前で伝えたいと思っています。

© Manami Taira