読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mana Blog Next

ガジェット好きIT系母ちゃんが二人の子どもを育てながらIoTに挑戦するブログ。

スポンサーリンク

VAIO XにFedora14を入れてみた

カメラ・レンズ・ガジェット

昨年、ノートPCを買い換えたのはいいのですが、インストールされていたWindows7 Proの動作がおかしくなりました。OS起動後すぐにハングしちゃったり、Bluetoothマウスのドライバが壊れてしまったり。とても使える状態ではなかったです。

そこで、OSを入れ直そう!という行動に至ったわけです。

私がWindowsを使っていた理由

理由はただひとつ。Walkmanを使っていたからです。10年前から「ネットワークウォークマン NW-MS9」を使い始め、そして、Walkmanを何台か買い換え、楽曲フォーマットはATRAC3に統一されている状態でした。Walkmanへの楽曲転送ソフトがWindowsにしか対応していなかったので、仕方なくWindowsを使い続けていたのです。(そう、当時のアプリケーションの名前は「Open MG Jukebox」でしたね。それから「SonicStage」、「Xアプリ」へ名前が変わっていきました。)

しかし、ここ数年前から著作権保護が付いていていない楽曲に対しては専用の転送ソフトを使わずとも転送ができるWalkmanの新機種が続々と登場してきました。楽曲フォーマットについても、ATRAC3以外に対応しています。もう、Windowsを使い続ける理由はなくなったのです。楽曲の転送については、Linuxでも可能ですから。

Fedora14を入れた理由

2011年9月現在、最新のFedoraバージョンは15です。そして次期バージョンのFedora 16 Alpha版が公開されています。

実は、VAIO X (VPCX13ALJ)に搭載されているIntel GPU(GMA500)は、インストールを試みたFedora15とFedora 16 Alphaで提供されているドライバでは正常に動作せず、Xが立ち上がらないのです。。しかしここで体力切れ。臨月なので体力がない。。ということでLinuxに詳しい夫にヘルプ!インストール作業を頼みました(笑)

そして、Fedora14のインストールを試みたら上記のような問題は発生せず、難無く動くようになりました。ということで、ドライバの不具合の問題で仕方なくFedora14にしました。

Fedora移行のための準備

手順としてはこの程度なので、1日あればWindows7からFedoraへ難無く移行できるのです。

VAIOリカバリディスク作成
万が一Windowsに戻すことがあったら使用するため。もしかしたら、売却・譲渡するかもしれないので…。
写真データバックアップ
PicasaにUPしているため不要。
Xアプリで管理している楽曲のバックアップ
移行先のFedoraマシンではなく、別にあるワークステーションの仮想環境上のWindowsにXアプリを復元するつもり。
FedoraインストールCDの作成
Fedoraプロジェクトのページでダウンロード。ダウンロード完了後、ISOイメージをメディアに焼けばOK。
BIOS設定変更
VAIO X は内蔵ドライブは搭載されていないので、外付けのドライブを利用。BIOS画面で「Extarnal Device boot」をEnabledにし、「Boot Priority」でExtarnal Deviceの優先度を最高にする。
Fedoraインストール
素直にインストールするだけ。
インストール完了
これでFedoraのインストールは終わり。Flash見たいなら追加でAdobe Flash Playerをインストール。
mozc+dictのインストール
日本語入力支援として最強のMozc+dictをインストールし、標準で利用する入力環境として設定。
(´・ω・`)ショボーンリア充爆発しろが一発変換できる(笑)

Fedora14になっての感想

メインPCがWindowsからLinuxに変わっても、特に不自由することはないのです。

これまでプレゼン資料はOpenOffice.orgを使用していたし、メールはGmail、このBlogは本文だけHTML手打ちであとはCMSの恩恵で自動的に作られます。

そして、写真はWeb上のPicasaが管理。(PCからのアップロードツールはPicasaデスクトップから「Shotwellアップロード機能」になるけれど。)

ということで、これからはメインマシンがFedoraになるのでした!

ちなみに、3Dはドライバが対応していなくて動きません。カッコいいデスクトップ環境にしたい人にとっては残念(?)かもしれませんが…。

余談:ただ一つの問題点とは

YUKIの楽曲がAmazonなどの楽曲ダウンロードサイトで提供されていないことが致命的。Xアプリの楽曲購入先であるMoraではソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のレコード会社所属アーティストの楽曲が提供されています。YUKIもソニー・ミュージックに所属しているのです。

これはYUKIファンにとってはとても不満点ですね。そんなに欲しいんだったらCD買いなさいよ、ってことだと思いますが。。

次回のFedora特集予告

「FedoraからWalkmanへ楽曲を転送する」です。自宅にあるWalkman3機種 NW-X1050、NW-S756、NWD-W253での楽曲転送について纏めます。

 

© Manami Taira